GMOとくとくBBで絶対に損をしないための全知識!キャッシュバック受け取りから解約までを徹底解剖

GMOとくとくBBで絶対に損をしないための全知識!キャッシュバック受け取りから解約までを徹底解剖

「WiMAXはGMOとくとくBBがおすすめって聞くけどどうして?」

「GMOとくとくBBは安心して申し込める会社なの?損はしない?」

「GMOとくとくBBに申し込むときの注意点ってなに?」

WiMAXについて調べていると、必ずおすすめされるのが「GMOとくとくBB」というプロバイダです。

GMOとくとくBBがおすすめされる理由は、全WiMAXプロバイダの中で最も高額なキャッシュバックが受け取れて、なおかつ月額料金が安いためです。

しかし、その一方でGMOとくとくBBに申し込んだもののキャッシュバックをちゃんと受け取れず、結果的に損をしてしまった人もたくさんいます。

せっかくWiMAXに申し込むなら絶対に損はしたくないですし、できるだけ多くのキャッシュバックがもらえたら嬉しいですよね。

そこでこの記事では、WiMAXで人気のプロバイダ「GMOとくとくBB」に申し込むにあたって、絶対に損をしないための全知識をご紹介していきます。

先に結論をお伝えすると、以下の手順で申し込みをすればGMOとくとくBBで損をすることはありません。

GMOとくとくBBでWiMAXを使うにあたって重要なポイントは、申し込んだ後のキャシュバック申請手続きです。

キャッシュバックの申請手続きさえ失敗しなければ、数あるWiMAXプロバイダの中でGMOとくとくBBが最も安い月額料金でWiMAXを利用できます。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れないための対処法」についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

GMOとくとくBBで申し込みをする!

GMOとくとくBB WiMAXが人気を集めている5つの理由

GMOとくとくBB WiMAXが人気を集めている5つの理由

GMOとくとくBBを運営する「GMOインターネット株式会社」は、インターネットサービスプロバイダとして10年以上の長い運営実績を誇る企業です。

WiMAX以外にもドコモ光やauひかりのプロバイダとしても人気が高く、どのサービスでも高額なキャッシュバックを打ち出していることが特徴です。

GMOとくとくBB WiMAXでは、時期によって多少の違いはありますが、基本的にいつ申し込んでも3万円以上のキャッシュバックがもらえます。

ですが、GMOとくとくBBが人気を集めている理由はそれだけではありません。

それぞれの理由について簡単に解説していくので、GMOとくとくBBがおすすめされる理由について知りたい人はぜひ参考にしてください。

1.WiMAXの中で3年間の実質月額料金が一番安い

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめされる理由のひとつ目は、3年間の実質月額料金が一番安いことが挙げられます。

3年間の実質月額料金とは、初月+36か月の合計金額からキャッシュバックを差し引いた金額のことです。

WiMAXは3年契約が主流で、契約解除料が必要ない更新月が37か月目となるので、初月+36か月目(=37か月目)までの合計金額で比較されることが多いです。

また、WiMAXはどこで申し込んでも通信速度に差はないので、月額料金の安さで選ぶことが大事になってきます。

そこで、GMOとくとくBBを含む主要なWiMAXプロバイダの月額料金を一覧にしてまとめたので、月額料金を比較してみましょう。

WiMAXプロバイダの月額料金

UQ WiMAX
UQ WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX (GMOとくとくBB)Broad WiMAX
Broad WiMAX
BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
カシモWiMAX
カシモWiMAX
初月(日割り)3,880円3,609円2,726円0円0円
1~2か月目3,880円3,609円2,726円2,980円1,380円
3~24か月3,880円4,263円3,411円3,980円
(3か月目のみ2,980円)
3,480円
25~36か月目3,880円4,263円4,011円3,980円4,079円
キャッシュバックなし34,600円なし7,000円なし
合計金額143,560円121,169円131,352円133,280円128,268円
3年間の実質月額料金3,880円3,275円3,551円3,602円3,467円
端末代金15,000円(一括のみ)0円0円
※オプション必須
19,200円
(分割時800円×24回)
0円

※上記の金額はすべて「ギガ放題プラン(月間データ容量無制限)」の金額です
※キャッシュバック金額は2020年7月での金額です
※別途事務手数料3,000円が発生します

上記の一覧表から、GMOとくとくBBが3年間の実質月額料金は最も安いということがお分かりいただけたかと思います。

これら以外にもWiMAXプロバイダは数多く登場していますが、GMOとくとくBB WiMAX以上に安いプロバイダは他にありません。

そのため、WiMAXの中でも特にGMOとくとくBBが人気を集めているのです。

他のWiMAXプロバイダの月額料金が気になる人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

WiMAXプロバイダ25社比較!絶対に損をしないためのたった1つの選び方を伝授

WiMAXプロバイダ25社比較!絶対に損をしないためのたった1つの選び方を伝授

「WiMAXってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?」 「なるべく安くて通信速度が速いWiMAXを契約したい!」 「WiMAXの月額料金やキャンペーンを比較しておすすめの申し込み先を知りたい…」 これからWiMAXに申…

2.いつ申し込んでも超高額キャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめされる理由のふたつ目は、いつ申し込んでも超高額キャッシュバックがもらえる点です。

申し込んだ時期によって若干の違いはあるものの、基本的にいつ申し込んでも3万円以上のキャッシュバックがもらえます。

なお、2020年7月で申し込んだ場合のキャッシュバック金額は以下のとおりです。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック金額

端末キャッシュバック金額
Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

本体のみ:34,500円
Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

本体のみ:34,500円

クレードルセット:31,600円

WiMAX HOME 02

WiMAX HOME 02

本体のみ:34,500円
Speed Wi-Fi HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02

本体のみ34,500円

参照:GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバック専用ページ

「GMOとくとくBBだけ高額キャッシュバックがもらえるのは何故?」と疑問に感じる人も多いかと思いますが、筆者の個人的な推測では要因が2つあると考えています。

GMOとくとくBBだけ高額キャッシュバックがもらえる理由

  1. GMOインターネット株式会社がWeb集客に特化した企業で、実店舗の運営維持費や常駐スタッフの人件費が必要ない
  2. 顧客獲得数が多いことで、より多くの販促費用を親元のUQ WiMAXからもらえている

WiMAXは、UQ WiMAXと提携した事業者が「代理店」という形で販売しており、代理店は販売台数に応じてUQ WiMAXからインセンティブ(代理店の利益となる手数料や販促費用)をもらって事業が成り立っています。

GMOインターネットは実店舗を運営していないので維持費や常駐スタッフの人件費がかからず、販売台数が多いことでより多くのインセンティブをもらえているので、いつ申し込んでも高額なキャッシュバックがもらえるものと思われます。

少し複雑な話になってしまいましたが、ここでは「いつ申し込んでも3万円以上の高額キャッシュバックをもらえるのはGMOとくとくBBだけ」と覚えてもらえればOKです。

3.端末代金・送料が0円で最短当日に発送してくれる

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめされる理由の3つ目は、端末代金・送料が0円で最短当日に発送してくれる点です。

WiMAX本家のUQ WiMAXでは、どの端末を選んでも15,000円の端末代金が発生します。

SIMカードだけの申し込みができるようになっていますが、WiMAX端末でしか使えないので基本的にはセットで購入することになるでしょう。

一部のWiMAXプロバイダでも端末代金が発生するので、事務手数料3,000円と合わせて2万円程度の初期費用が必要です。

ですが、GMOとくとくBBではすべての端末代金が0円で、送料も無料で配送してくれます。

さらに、申し込んだ時間帯によっては当日中に発送してくれるので、最短で翌日からWiMAXを使い始めることが可能です。

当日発送の受付時間は以下を参考にしてください。

GMOとくとくBBの当日発送受付時間

  • 平日:15時30分
  • 土・日・祝:14時00分
最短で申し込んだ翌日からWiMAXを使えるのは嬉しいポイントですよね!

4.20日以内なら無料でキャンセル可能

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめされる理由の4つ目は、20日以内なら無料でキャンセル(解約)ができる点です。

WiMAXは日本全国の広いエリアで使えますが、一部のエリアでは電波が掴みづらかったり圏外になったりして満足に使えないことがあります。

通常であれば「初期契約解除制度(申し込んでから8日以内)」で無料キャンセルができますが、申し込んでから実際に手元に届くのは2~3日後であることが多いので、たまたま電波が入らなかっただけなのか、そのエリアでは全く使えないのかといった検証をする時間がありません。

ですが、GMOとくとくBBなら20日以内であれば無料でキャンセルができるので、他のWiMAXよりも長い期間のお試し利用が可能です。

実際に使ってみないとわからない部分も多いので、長い期間のお試し利用ができる点は嬉しいですよね。

ただし、20日以内の無料キャンセルを使う際は、以下の注意事項を確認してから手続きを行ってください。

GMOとくとくBBの20日以内無料キャンセルの注意事項

  • ピンポイントエリア判定が「◯」の場合のみ
  • 解約・返品の前に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨を連絡すること
  • 申込日1日として、20日以内にWiMAX2+端末の返品を確認できた場合

実際のキャンセル手順は以下のとおりです。

GMOとくとくBBの20日以内無料キャンセルの手順

返送手順返送先住所
  1. GMOとくとくBBお客さまセンター(0570-045-109)に電話連絡(平日10時~19時)
  2. キャンセルするWiMAX2+端末を返送する(返送料は自己負担)
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB行
電話番号:0570-045-109
連絡せずに返品すると契約解除料として19,000円の費用が発生してしまうのでご注意ください!

5.GMOとくとくBBならではの保証オプションが充実

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめされる理由、最後の5つ目はGMOとくとくBBならではの保証オプションが充実している点です。

GMOとくとくBBに申し込むと、以下の保証オプションが利用できるようになります。

GMOとくとくBBの保証オプション

オプション名内容月額料金
安心サポート
  • 端末の自然故障時の保証サービス
  • 水漏れ・破損・盗難・紛失には非対応
  • 最大2か月無料
300円
安心サポートワイド
  • 端末の故障・破損・水漏れ時の保証サービス
  • 盗難・紛失には非対応
  • 初月0円、2か月目200円で利用可能
500円
公衆無線LAN
  • 駅周辺やカフェ、ホテルなどの公衆無線LANが利用可能
  • 最大2か月無料
362円
インターネット安心セキュリティ
(マカフィーマルチアクセス)
  • パソコンやスマホのセキュリティ対策が可能
  • 最大3台までのデバイスを登録可能
  • 12か月間は無料で利用可能
500円

参照:GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバック専用ページ

これらのオプションが一定期間無料で利用できるので、通信費を節約しつつ安心できるサポートが受けられます。

ただし、WiMAX端末の盗難や紛失の場合は保証が受けられないので、その点にだけはご注意ください。

ここまで、GMOとくとくBBが人気を集めている5つの理由をご紹介してきました。
中にはGMOとくとくBBを前向きに検討中の人も多いかと思いますが、ここで注意点があります。
注意点を知らないと損をする可能性が非常に高いので、しっかりと確認してからお申し込みください。
GMOとくとくBBで申し込みをする!

GMOとくとくBB WiMAXで絶対に覚えておくべき6つの注意点

GMOとくとくBB WiMAXで絶対に覚えておくべき6つの注意点

いつ申し込んでも高額キャッシュバックが受け取れることで非常に人気が高い「GMOとくとくBB」。

ですが、実際に申し込んでから「こんなはずじゃなかった!」と後悔しているユーザーも少なくありません。

そこでこの項目では、GMOとくとくBBへ申し込むにあたって絶対に覚えておくべき6つの注意点をお伝えしていきます。

覚えておいてほしい6つの注意点は以下のとおりです。

これらの注意点をしっかりと覚えた上で、GMOとくとくBBへお申し込みください。

1.GMOとくとくBBの申し込みページは3種類ある

GMOとくとくBBの注意点ひとつ目は、GMOとくとくBBの申し込みページは3種類あるという点です。

申し込みページによって特典内容や月額料金が変わってくるので、申し込む際は気をつけましょう。

なお、申し込みページで一番お得なのは「キャッシュバック専用ページ」です。

以下で、GMOとくとくBBの各申し込みページにおける3年間の実質月額料金を比較したので、ぜひ参考にしてください。

GMOとくとくBBの申し込みページ比較

GMOとくとくBB WiMAX
公式サイト
GMOとくとくBB WiMAX
キャッシュバック専用ページ
GMOとくとくBB WiMAX
月額料金割引専用ページ
URLhttps://gmobb.jp/https://gmobb.jp/lp/gentei8/https://gmobb.jp/wimax/waribiki/
初月(日割り)3,609円3,609円2,170円
1~2か月目3,609円3,609円2,170円
3~24か月4,263円4,263円3,480円
25~36か月目4,263円4,263円3,480円
キャッシュバック最大31,500円
※機種によって異なる
34,600円2,000円
合計金額124,269円121,169円122,830円
3年間の実質月額料金3,359円3,275円3,320円

※上記の金額はすべて「ギガ放題プラン(月間データ容量無制限)」の金額です
※キャッシュバック金額は2020年7月での金額です
※別途事務手数料3,000円が発生します

ご覧の通り、僅かな差ではありますがキャッシュバック専用ページで申し込んだほうが一番安くWiMAXを利用できます。

申し込みページを間違えてしまうと、最大金額でのキャッシュバックがもらえなくなってしまうのでご注意ください。

2.選んだ料金プランによって3日間10GB制限・月7GB制限がある

これはGMOとくとくBBだけではなくWiMAX全体にいえる注意点ですが、WiMAXは選んだ料金プランによって3日間10GB制限・月7GB制限があります

名称はサービスによって若干異なりますが、WiMAXの料金プランは大きく分けると以下の2種類で、データ容量を使いすぎると速度制限が実施されます。

WiMAXの料金プラン

料金プラン容量制限制限時速度速度制限解除
ギガ放題10GB/3日概ね1Mbps直近3日間のデータ使用量が合計10GBを下回った日の翌日
ライトプラン(ツープラス)7GB/月128Kbps翌月1日

基本的に、月間データ容量が無制限の「ギガ放題」を選ぶ人が多いですが、直近3日間で10GB以上のデータ通信を行うと一時的に速度制限が実施されることを覚えておきましょう。

ギガ放題でもひと月7GB制限が実施されるケース

なお、WiMAXの「ギガ放題」プランを使っていても、ひと月7GB制限が実施されるケースがあります。

それが「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてデータ通信を行ったときです。

WiMAXには2つの通信モードが有り、それぞれ使用する回線や特徴が異なります。

WiMAXの2つの通信モード

通信モード回線容量制限特徴
ハイスピードモードWiMAX10GB/3日
  • WiMAX2+のエリア内で使用可能
  • 月間データ容量が無制限である代わりに対象エリアが狭め
ハイスピードプラスエリアモードau 4G LTE7GB/月
  • au 4G LTEで高速データ通信が可能
  • WiMAXよりも安定して速い回線である代わりに月間データ容量に制限がある
  • ハイスピードプラスエリアモードを使用した月は「LTEオプション料」として1,005円の費用が発生

ご覧の通り、WiMAX端末には2つの通信モードが存在するので、ハイスピードモードでは速度が遅い場合にハイスピードプラスエリアモードに切り替えて使うといった使い方ができます。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードにはひと月7GBまでの制限があり、その容量を使い切った後でハイスピードモード(WiMAX回線)に戻しても速度制限の状態が継続されます

翌月1日にならないと速度制限は解除されないので、通信モードを切り替える際にはしっかりと注意した上でご利用ください。

ちなみにライトプランはWiMAX回線でありながら月間7GBまでしか使えない料金プランです。
ライトプランには月額料金が若干安いことくらいしかメリットがないので、基本的にはギガ放題を選ぶのがおすすめです。

3.料金プランはすべて3年契約しか選べない

GMOとくとくBBの注意点3つ目は、料金プランがすべて3年契約しか選べないという点です。

UQ WiMAXでは2年契約、BIGLOBE WiMAXでは1年契約が選べますが、GMOとくとくBBでは3年契約の料金プランしか選べません。

3年契約の場合はハイスピードプラスエリアモードを使うために必須の「LTEオプション料(1,005円)」が無料になるというメリットがあります。

ですが、契約期間中に解約すると最大19,000円の高額な契約解除料が請求されてしまうので、どちらかというとデメリットのほうが大きいでしょう。

「3年もの長い期間縛られるのは嫌だ!」という人は、GMOとくとくBBではなくUQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXを選ぶのがおすすめです。

4.解約するときは更新月(37か月目・73か月目~)でなければ契約解除料がかかる

GMOとくとくBBの注意点4つ目は、更新月(37か月目・73か月目~)でなければ契約解除料がかかってしまう点です。

上述のとおり、GMOとくとくBBは3年契約です。

端末発送月の翌月から数えて36か月間が契約期間となるので、37か月目が契約解除料の必要ない更新月となります。

それ以外で解約すると、契約期間に応じて高額な契約解除料が発生してしまうのでご注意ください。

GMOとくとくBBの契約解除料一覧

  • 1~12か月目までの解約:19,000円
  • 13~24か月目までの解約:14,000円
  • 25か月目以降、更新月以外:9,500円

それ以降の更新月は36か月をプラスした月(73か月目・109か月目…)となりますが、その頃には最新機種が登場しているはずです。

そのため、基本的には更新月で一度解約して、改めて別のWiMAXサービスに申し込んだほうが良いでしょう。

5.20か月以上の利用者に案内される「機種変更」は「契約の蒔き直し」なので割引や特典が受けられない

GMOとくとくBBの注意点5つ目は、20か月以上の利用者に案内される「機種変更」が全くお得ではないという点です。

実は、WiMAXの機種変更とは「いま使っているWiMAXを解約(費用は無料)して、再度WiMAXの新規契約をする」という内容を指します。

つまり、機種変更をした月から再度3年契約がスタートし、しかも新規契約時の月額料金割引やキャッシュバックは一切もらえないので、その分だけ損をすることになってしまうのです。

そのため、WiMAXを使っていて機種変更の案内が届いたとしても、機種変更の手続きはしないことをおすすめします。

昔からWiMAXを使っていて端末が古くなってきた人は、更新月で一度解約して、別のWiMAXプロバイダで申し込みし直すのが良いでしょう。

6.キャッシュバックは11か月目以降に還元されるが受け取り忘れが多い

GMOとくとくBBの注意点、最後の6つ目がGMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りについてです。

GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックを受け取れることが最大の特徴ですが、それと同じくらいにキャッシュバックの受け取り忘れが多いことでも有名なプロバイダです。

GMOとくとくBBでキャッシュバックの受け取り忘れが多い理由は以下のとおりです。

それぞれの理由について、補足説明をしていきます。

具体的な対処法については「GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れないための対処法」で解説しているので、今すぐに知りたい人は読み飛ばしていただいても構いません。

キャッシュバックの案内メールが送られるのは申し込んでから11か月目

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るためには、案内メールに記載のURLから専用ページで手続きを行う必要があります

ですが、キャッシュバックの案内メールが送られるのは「端末発送月を含む11か月目」です。

約1年後とだいぶ期間が空いてしまうので、キャッシュバックを受け取り忘れて損をしてしまう人が多発しています。

案内メールの宛先はGMOドメインの基本メールアドレス宛に送られる

GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、登録時に作成する「GMOドメインの基本メールアドレス宛」に送られます

GMOのメールサービスは「WEBメール」なので、インターネットに接続してマイページにログインしないと見ることができません。

そのため、キャッシュバックの案内メールを見逃してしまうミスが多発しています。

基本メールアドレスにはGMOからのDMが届くので案内メールを見逃しやすい

GMOドメインの基本メールアドレスには、普段はGMOからのDMが大量に届きます。

そのため、キャッシュバック案内メールが届く時期になっても案内メールを見逃しやすくなっています

iPhoneであれば標準のメールアプリにGMOドメインのメール設定をすることで、わざわざマイページにログインしなくてもメールを確認することができます。

キャッシュバック案内メールが届く時期になったらGMOドメインの基本メールアドレス宛に届いたメールを隈なくチェックするようにしましょう。

受け取り期間はおよそ1か月でそれを逃すと二度と受け取れなくなる

キャッシュバックの申請手続きは、案内メールが送信された日の翌月の末日までです。

およそ1か月の間にキャッシュバックの申請手続きを行わないと、キャッシュバックの権利がなくなってしまい、それ以降二度とキャッシュバックがもらえなくなってしまいます。

また、いったん解約してから再契約したとしても同じ契約者情報(氏名・住所・電話番号など)の場合はキャッシュバック特典の対象外となるので気をつけましょう。

GMOとくとくBBで申し込みをする!
ここまで、GMOとくとくBBの絶対に覚えておくべき6つの注意点を解説してきました。
中でも特に注意したいのが「キャッシュバックの受け取り忘れが多い」という点です。
そこで、次の項目では受け取り忘れを防ぐための具体的な対処法をご紹介していくのでぜひ参考にしてください

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れないための対処法

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れないための対処法

GMOとくとくBBに申し込んでも、キャッシュバックを受け取り忘れてしまうと3年間の実質月額料金が高くなって損をすることになります。

損をしないためにも、この項目でキャッシュバックを受け取り忘れないための具体的な対処法を覚えておきましょう。

キャッシュバックを受け取り忘れないための対処法

対処法は全部で2つあり、どちらも非常に簡単な設定をするだけなのでぜひお試しください。

メールの転送設定をしておく

まずひとつ目の対処法は、GMOドメインのメールアドレス宛に届くメールを、普段から使うメールアドレス宛に転送設定しておく方法です。

転送設定は以下の手順で簡単に設定できます。

GMOメールの転送設定手順

  1. 会員ID/パスワードでGMOのマイページ「BBnavi」にログイン
  2. メニュー内にある「メールの転送設定」を選択
  3. 転送設定したいメールアドレスを選んで「次へ」を押す
  4. 転送先メールアドレス欄に転送先のメールアドレスを入力して「追加」を押す
  5. 確認画面で間違いがないことを確認して、再度「追加」を押す
  6. 転送先メールアドレス宛に「転送設定の確認メール」が配信されるので確認
  7. 配信された確認メールに記載のURLを押して設定完了画面が表示されたら終了

これで、GMOドメインのメールアドレス宛に届くメールを、設定したメールアドレスにすべて転送できるようになります。

ただし、普段はGMOからのDMが頻繁に届くので、いざキャッシュバックの案内メールが届く時期になっても見逃してしまう可能性が非常に高いです。

また、口コミを調べてみると「案内メールだけが転送されていなかった」という声も見られたので、転送メールの設定をしつつ、案内メールが届く時期になったら必ず一度はマイページにログインするようにしてください。

そこで、次にご紹介する「リマインダー通知」の設定も合わせて行うことをおすすめします。

リマインダー通知を利用する

ふたつ目の方法は、スマートフォンのリマインダー通知やカレンダーを使って案内メールが届く時期をあらかじめ登録しておく方法です。

申し込んだ月によってキャッシュバックの案内メールが送られる時期が変わるので、以下の一覧表を参考にして登録しておきましょう。

キャッシュバックの案内メールが送られる時期

端末発送案内メール送付時期キャッシュバック振り込み時期
1月11月12月
2月12月翌年1月
3月翌年1月翌年2月
4月翌年2月翌年3月
5月翌年3月翌年4月
6月翌年4月翌年5月
7月翌年5月翌年6月
8月翌年6月翌年7月
9月翌年7月翌年8月
10月翌年8月翌年9月
11月翌年9月翌年10月
12月翌年10月翌年11月

※申し込んだ月の翌月に端末が発送された場合は、端末発送月から数えて11か月目が案内メールの届く時期になります

上記の表内にある「案内メール送付時期」になったら案内メールが届くので、その時期になったらGMOから届くメールをすべてチェックするようにしましょう。

なお、注意点でもお伝えしましたが、案内メールの送信日の翌月末日までに手続きをしないとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。

例えば、2020年1月に申し込んだ場合は2020年11月に案内メールが届くので、2020年12月31日までに手続きをしなければならないということです。

「転送設定をしていたのに案内メールだけ転送されなかった!」という声も見られたので、案内メール送付時期になったら一度は「BBnavi」にログインして案内メールが届いていないか確認することをおすすめします。

万が一キャッシュバック案内メールが届かない場合

万が一、キャッシュバックの案内メール送付時期になっても案内メールが届かない場合は、GMOとくとくBB入会前お問合せフォームからお問い合わせください。

お問合せフォームは、GMOとくとくBB公式HPのトップページにある「お問い合わせ」からアクセスできます。

連絡希望方法を「電話連絡」、検討中の回線で「WiMAX2+」「キャンペーン内容について」を選んで、お問い合わせ内容に「キャッシュバックの案内メールが届かない」といった旨を記載すればOKです。

残念ながら問い合わせ用の電話窓口が設置されていないので、こちらから電話で問い合わせをすることはできません。

3万円ものキャッシュバックを見逃してしまうのは非常にもったいないので、ここまでにお伝えした対処法を実践してキャッシュバック案内メールを見逃さないように気をつけましょう。

GMOとくとくBBで申し込みをする!

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るための申し込み手順

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るための申し込み手順

ここまで読んだ人の中には、

「GMOとくとくBBでキャッシュバックを見逃さないための対処法は分かったけど、実際の申し込み手順ってどんな流れなの?」

と疑問に感じる人もいらっしゃるかと思います。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るための申し込み手順は以下の通りなので、あらかじめザックリと確認しておきましょう。

キャッシュバックを受け取るためには、上記の4ステップで手順を進めていく必要があります。

それぞれのステップについて補足説明をしていきます。

STEP1:キャッシュバック専用ページからGMOとくとくBBに申し込む

GMOとくとくBB WiMAX

画像引用:GMOとくとくBBキャッシュバック専用ページ

ステップ1は、GMOとくとくBBのキャッシュバック専用ページから申し込み手続きを行いましょう。

申し込む手順は以下のとおりです。

GMOとくとくBBの申し込み手順

  1. GMOとくとくBBのキャッシュバック専用ページにアクセス
  2. サイト内の「お申込み」を押す
  3. 端末を選ぶ(速度が速い「W06」がおすすめ)
  4. サービス提供条件の概要や注意事項を確認の上、同意欄にチェックを入れて次に進む
  5. 料金プランを選ぶ(デフォルトの「ギガ放題」がおすすめ)
  6. 端末色、安心サポート(初月必須)、WiFi公衆無線LAN(初月必須)を選択
  7. GMO IDもしくはお名前ID(お名前.comなどの共通会員ID)の有無を選択して次の画面へ進む
  8. 契約者情報を入力する
  9. GMOとくとくBBで取得するメールアドレス・BBnaviログイン用のパスワードを入力する
  10. クレジットカード情報を入力して確認画面へ進む
  11. 確認画面で入力情報に間違いがないかを確認して申し込みボタンを押す

これで申し込み手続きは完了です。

申し込む際にはクレジットカードが必要になるので用意しておきましょう。

なお、申し込む際には「安心サポート」「WiFi公衆無線LAN」の2つのオプションが必須となります。

これらは最大2か月間無料で使えますが、不要な人は端末が届いてからBBnaviにログインをしてオプションを外す手続きを行ってください。

機種は最大速度が速い「W06」がおすすめ

GMOとくとくBBでは以下の4機種が取り扱われていますが、この中で最もおすすめなのは最大通信速度が速い「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

GMOとくとくBB取り扱い端末

端末タイプ機種名通信速度
モバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

下り最大1.2Gbps対応
Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

下り最大440Mbps
ホームルーターWiMAX HOME 02

下り最大440Mbps
Speed Wi-Fi HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02

下り最大1Gbps

どの端末を選んでもキャッシュバック金額は変わらないので、通信速度重視で選ぶのがおすすめです。

料金プランは「ギガ放題」がおすすめ

GMOとくとくBBには2つの料金プランがありますが、基本的には月間データ容量が無制限の「ギガ放題」がおすすめです。

GMOとくとくBBの2つの料金プラン

ギガ放題7GBプラン
月間データ容量無制限7GB
速度制限10GB/3日:概ね1Gbps7GB/月:128Kbps
月額料金初月(日割り)3,609円3,609円
1~2か月目3,609円3,609円
3~24か月4,263円3,609円
25~36か月目4,263円3,609円

月額料金もそこまで大きな差がないので、料金プランで迷ったときは「ギガ放題」を選んでみてください。

STEP2:端末が届いたらキャッシュバックを受け取るための対処法を設定する

申し込み手続きが完了して無事に端末が届いたら、キャッシュバックを受け取るための対処法を設定しておきましょう。

対処法は上述したとおり、以下の2つがあります。

キャッシュバックを受け取り忘れないための対処法

上記のリンクから書く項目の解説が見れるので、まだ見ていない人はぜひ確認しておくことをおすすめします。

STEP3:申し込んだ月から数えて11か月目に届く案内メールより手続きを行う

WiMAXを申し込んだ月から数えて11か月目に、登録時に作成したGMOドメインのメールアドレス宛に案内メールが届きます。

案内メールに記載のURLから専用ページにアクセスして、キャッシュバックを受け取るための口座情報を入力しましょう。

基本的には画面の支持に従って必要事項を入力していけばOKです。

案内メールの送信日から1か月の間に手続きを行う必要があるので、その点にだけはご注意ください。

STEP4:申請手続きをした翌月末に指定口座へ現金が振り込まれたのを確認する

キャッシュバックの申請手続きをしたら、手続きをした月の翌月末に指定した口座へキャッシュバックが振り込まれます。

しっかりとキャッシュバックが振り込まれたのを確認して、全ての手続きは終了です。

ここまでお疲れさまでした!
なお、WiMAXは基本的に更新月で解約して別プロバイダのWiMAXに申し込むのがおすすめです。
最後に、GMOとくとくBBの解約手順を解説して終わりにするので、もう少しだけ頑張りましょう!
GMOとくとくBBで申し込みをする!

GMOとくとくBBを解約するときの具体的な手順

GMOとくとくBBを解約するときの具体的な手順

「一番安く使えるって聞いたからGMOとくとくBBを使ってみたけど、やっぱり解約したい…」

そんなときは、以下の手順でGMOとくとくBBを解約することができます。

それぞれの手順について解説していきます。

1.更新月(37か月目・73か月目)であるかを確認する

GMOとくとくBBは3年契約です。

そのため、申し込んだ月から数えて37か月目が更新月となり、それ以降は36か月をプラスした月(73か月目・109か月目…)が更新月となります。

それ以外の月で解約をすると最大19,000円の契約解除料が発生してしまうのでご注意ください。

GMOとくとくBBの契約解除料一覧

  • 1~12か月目までの解約:19,000円
  • 13~24か月目までの解約:14,000円
  • 25か月目以降、更新月以外:9,500円

更新月は「BBnavi」にログインをすると確認できるので、解約手続きに進む前に更新月を確認しておきましょう。

2.GMOとくとくBBの「BBnavi」で解約手続きを行う

「BBnavi」にログインして更新月を確認したら、そのまま「BBnavi」から解約手続きを行います。

解約するための手順は以下のとおりです。

GMOとくとくBBの解約手順

  1. BBnavi」にログイン
  2. メニュー内にある「WiMAX2+」を選択
  3. 解約する対象の契約を選択
  4. 契約更新月を確認する
  5. 「その他のお手続き」より解約手続きを行う

参考: よくある質問Q&A|GMOとくとくBB公式HP

上記の手順で手続きを進めればGMOとくとくBBの解約ができます。

なお、更新月以外で解約をする場合は、GMOとくとくBBお客さまセンターに問い合わせをする必要があります。

GMOとくとくBBお客さまセンターは、GMOとくとくBB公式HPトップページの「お問い合わせ」からご連絡ください。

また、上記に該当する場合は毎月20日までに連絡をしなければならないので気をつけましょう。

以上でGMOとくとくBBの解約手順の解説は終了です。

まとめ

「WiMAXでGMOとくとくBBがおすすめされるのでなんで?」

「GMOとくとくBBは安心できるサービスなの?損はしない?」

「GMOとくとくBBの注意点って何があるの?」

と疑問に感じていた人も、この記事を読んだことでGMOとくとくBB WiMAXについての理解が深まったのではないでしょうか。

WiMAXを一番安く使えるのは、超高額キャッシュバックがあるGMOとくとくBBなので、ぜひこの機会にお申し込みをご検討ください。

  • GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中で最も高額なキャシュバックがもらえる
  • 高額キャッシュバックも相まって3年間の実質月額料金が最も安い
  • ただし、キャッシュバックの受け取り忘れが多いことでも有名
  • キャッシュバックの受け取り忘れが多い理由は「11か月後と期間が空く」「案内メールを見逃しやすい」の2点
  • GMOとくとくBBに申し込んだら「メールの転送設定」「リマインダー通知」で案内メールを見逃さない工夫が必要
  • 申し込み窓口は全部で3つあるが、最もお得な「キャッシュバック専用ページ」からの申し込みがおすすめ
GMOとくとくBBで申し込みをする!